フユタビ’13(モロッコ編)#8 さよならモロッコ

午前6時、
今日もアザーン(礼拝の合図)で目を覚ます。
忙しかったモロッコの旅の最終日。

16時のフライトが待っているのだが、
まずはここフェズからカサブランカまで約250kmの移動がある。
大事をとって、8時半にタクシーを呼んでおいた。

タクシーを待っている間、
迷子にならないように気をつけながら、
フェズのメディナを散歩した。

今日もいい天気だ。
旅立ちにふさわしい青空。
千年前から変わらないこの街は、
今日もまた同じ1日を刻むのだろう。

 

モロッコの人たちは時間に正確だった。
アフリカだから、平気で1時間以上遅れて来るのに、
彼らは10分前にはやって来る。
人もいいし、モロッコは好印象だった。

 

走ること約4時間、
カサブランカの空港に到着した。

モロッコでは6日間(実質4日間)で、
カサブランカ→エッサウィラ→マラケシュ
→アイトベンハッドゥ→フェズ→カサブランカと、
合計1600km以上も移動したことになる。
いつになく疲労感があるのも頷ける。

こんな少ない日数のなか、
すべて現地で移動手段を確保しなければならなかったので、
その分疲れは倍増した。

綱渡りの旅。
やり切った感も2倍だ。

実はこの旅にはボーナスステージが設けられている。
この後、ローマで1泊のトランジットがある♪

 

ローマの空港に着き、
浮かれ気分でホテルバウチャーを確認する。

えっ!?

青ざめた…。
日本で予約しておいたホテル、
宿泊予定が明日の日付けになってる!

綱渡りの旅は、最後にまた
ちょっとしたスパイスが用意されていた(苦笑)

※すぐにホテルに電話し、
同じ条件で日にちを繰上げてもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です