フユタビ’13(モロッコ編)#4 潮騒の街

朝6時、アザーン(礼拝の合図)ともに目を覚ます。
モロッコの港街、エッサウィラにいる。

日本から40時間かけてようやくたどり着いた安息地。
ここまで3時間しか寝ていなかったので、
質の高い睡眠がとれた気がする。

 

朝食前、早速港散歩に出かけた。
城壁に囲まれた路地を歩き、
潮騒が聞こえる方へ歩を進める。

波に煌めく朝日、海鳥の声。
まるで古い映画に迷いこんだような不思議な気分。

街歩きも楽しいが、モロッコは買物天国!
異国情緒たっぷりの雑貨たちに目を奪われる。
タジン鍋、アルガンオイル、ベルベル絨毯……
さっそく全力で買物を楽しんだ。

今回の旅は古いフィルムカメラを用意していて、
シャッターを切るのにやたら時間がかかる。
すっかりデジタルに慣れてしまったので、
この面倒くささがたまらなくいい。
モノクロフィルムがどんな絵を紡ぐのか、
帰ってからの楽しみが増えた。

あっと言う間に時間が過ぎ、
最後に港に行って、
海鮮焼きでエッサウィラを締めくくった。
たった1日だったが、わざわざこの街に来てよかった。

ロストバゲージがなければ…、
そんな後悔を滲ませながらも、
凝縮出来たと言い換えて街を後にしたーー。

「マラケシュ!」

タクシーで約3時間。
忙しい旅ははじまったばかりだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です