ハルタビ ’19(中欧編) ♯1 プレゼント

1年ぶりに旅に出る。
年に3〜4回は海外へ行っていたのに
気がつけば季節は一周していた。
明日から10連休です、と
テレビの向こうでは騒いでいるが、
10連休が決まる前から勝手に
11連休を予定して航空券を取っていた。
おかけで、会社で気まずい思いをすることもなく、
仕事も気にしなくてよいので助かった。
かなりの確率で最安値を出してくるのが
中国東方航空。
今回も、成田⇄プラハ(チェコ)で
5万円というお手頃価格だった。
朝から愛犬・ちくわを預けに行ったため、
トータル3.5時間かけて成田空港に着いた。
空港は空いていて、搭乗もスムース。
まずは、上海へと飛んだ。
MU522 成田(16:55)→上海(19:25)
定刻どおりに上海(浦東)に着き、
次のフライトまで5時間以上あるので
ラウンジで過ごすことにした。
カレー、パスタなどのホットミールに加え、
ドリンクの種類も多く、快適なラウンジだった。
持っててよかったプライオリティパス。
日付が変わった頃、搭乗がはじまった。
今度はいよいよ12時間のロングフライト。
ようやく旅らしくなってきた。
MU707  上海(0:55)→プラハ(6:55)
予定より20分遅れで離陸。
すぐに機内食が運ばれてきたが、
ラウンジでたらふく食べた後なので
ありがた迷惑だった。
狭い機内で何度も態勢を変えては眠ろうとするが、
なかなか寝付けない。
モニターに映るフライトマップをぼんやりと眺め、
これからはじまる中欧の旅に思いを馳せた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です