フユタビ’14 (スリランカ編)#4 超特急

 

シーギリアからタクシーをチャーターし、
ポロンナルワ遺跡群に向かった。
シンハラ王朝2番目の都で、
見応えのある遺跡が点在している。

 

クワドラングル、ランカティカラ、
行きたい場所を運転手に告げ、
目的地で降ろしてもらう。
気がすむまで遺跡を眺め、車に戻ると
笑顔で次はどこだい?とハンドルを握る。
この繰り返し。
ツアーでは味わえない自由さと快適さ。
ちょっと大人な遺跡巡りだ。

 

ポロンナルワはとにかく美しかった。
苔に覆われた緑の遺跡。
滅びの美景はまるでラピュタの世界だ。
タイのスコータイ遺跡と、
バングラデシュのパハルプール遺跡を
合わせたような感じで、
春のような風、草いきれ、煌めく水滴。
そして静かに響く足音。
数え切れないくらいの遺跡を見てきたが、
どこよりも美しかった。

 

一通り遺跡群を見終え、
ランチに連れて行ってもらった後に
ポロンナルワのバルターミナルに
落としてもらった。
次に行くキャンディまで運転をお願いしたかったが、さすがに12000円は厳しいので、
ここまでで6000円で契約した。
3人旅だから、ひとり2000円。悪くない。

ここからキャンディまでは
バスで約4時間。
バスは驚くほど安く150円ほど。
ただし、スリランカのバスは超特急!

穏やか人が多い国なのに
運転だけはとにかく激しい、、、。
バス同士のカーチェイス、
鳴り止まないクラクションと急ブレーキ、
道端からは、イヌ、サル、ウシが
飛び出してくるし
挙句にはゾウまで!
一番前の席に座り、絶叫マシンを楽しんだ。
(現地の人は涼しい顔だった、、、)

 

18時半。キャンディ到着。
湖のある、楽しそうな街に胸が高鳴った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です