山形系こけし(山形/天童温泉)

作並で学んだ木地師が伝えたと言われ、
差し込み式の頭は小さく、
細い棒状のすぼまった胴体など、
その特徴は作並系とよく似ている。

頭には赤い飾りとおかっぱ頭のような前髪、
顔には特徴のある割鼻が描かれている。
気取りのない表情とともに、
素朴な美しさを持つ。
胴の模様は紅花、牡丹、菊、梅などの描彩が主流。

山形系のこけしを探すもなかなか見つからない。
山形市にある「尚美堂」という民芸店に
取り扱いがあると知り、行ってみた。

そこに並んでいたのは小林清工人の作品。
正統派という印象のスッキリとしたこけしで、
作った人の人柄を表しているようだった。
工房があるなら一度訪れてみたいし、
山形系はこの1体しか持っていないので
他の作品もぜひ見てみたい。

↑小林清工人の作品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です