小さなフユタビ’18(奄美編) #2 サマータイムブルース

奄美の朝は雨上がりの生温い風が
春の訪れを感じさせてくれた。

朝からカヌーに乗り込み、
マングローブの森に漕ぎ出していく。
初めてだし、練習があるかと思いきや
パドルの動かし方だけを教わり、
すぐにカヌーに乗り込む羽目に。
意外と左右にゆらゆらし、
カメラを濡らさないかが心配だった。

誰もいない川はパドルを漕ぐ音が静かに響く。
時折日が射しては水面がキラキラと光る。
少しの力で滑るように進んでいくのでこれは面白い。

「水曜どうでしょう」のユーコン川の回を
思い返しながらガイドの後を追った。

このカヌーのハイライトは
トンネルのようなマングローブ並木だ。
夏場はごった返すらしいが、今日は貸切状態。
降水確率80%の天気予報も、
持ち前の天気運で跳ね返してやった笑

 

約1時間のカヌーを終えたあとは
次なる島に向かう。
行き先は加計呂麻島。
あんまり知られていないマイナーな島だからこそ、
無性に行ってみたくなった。

レンタカーをフェリーに積み込み、
わずか25分の船旅。
コンビニもレストランもない、
長閑な島に上陸した。

 

あまり情報がないので、
そんなときは島の先端を目指すに限る。
海岸線沿いにひたすら北上して行くと、
まずは武名のガジュマルに御対面。
森の奥に威武堂々と佇むその姿は、
屋久杉のように歴史と生命力を感じる。

 

さらに車を走らせると
北端にある実久集落に突き当たった。

 

実久海岸は驚くほど青い!
曇り空でこの青さなら、
晴天ならどんな青になるのだろう?
誰もいない砂浜をしばらく歩いてみた。

珊瑚の石垣がつづく集落もまた、
人影がなく、ひっそりとしていた。
ここも限界集落なのだろう。
昭和のまま時が止まったようで、
独特の雰囲気がたまらなくいい。

そして、大粒の雨が落ちてきた。
さすがに降水確率80%だから
ここまでが限界だったようだ。
本当は最後に西阿室の夕日を
眺めて締めくくるつもりだったが、
それはまた次の機会に。

 

 

土砂降りの中、三浦集落にある
「すずめのお宿」にたどり着き、
今夜はここで1泊。

いわゆる民泊というやつで、
夕食は食べきれないほどのもてなしを受けた。
満腹なところに、〆の鶏飯!
こんなに品数出してくれてたら
まったく儲けがないんじゃない?
と、心が痛むほどいい宿だった。

そういえば、今回の島旅、
まったくといっていいほど
買物をしていない笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です