フユタビ’14 (スリランカ編)#9(fin) 夏色

 

1:00 コロンボ→7:30 クアラルンプール

狭い機内。
3時間のフライトで
マレーシアに着いた。
ここクアラルンプールで
9時間のトランジット。

もう、くたくただったけど、
せっかくだからとバスでセントラルに出た。
路地裏を歩いていると、
ローカルな屋台街を発見。
名物のラクサを食べ
冷たいチャイを飲んでひと休み。
そして、KLCCに向かった。

ツインタワーを見上げる。
スリランカと違い、すっかり都会だ。
新宿にいるような光景。
展望台は2500円もするのでパスした。

 

旅の終わり。
ブレーキいっぱい握りしめて
ゆっくり、ゆっくり、下ってく。
そんな感じ。
長くて短かった9DAYSの、
スリランカで過ごした夏色の日々。
たくさんの優しさに触れ、
まったくストレスのない国だった。

 

食後の紅茶が美味しかったなぁ。
トゥクトゥクの風が心地良かったなぁ。
朝もやの湖、車窓の茶畑、
海に沈む夕陽がキレイだったなぁ。
すべてが遠い記憶のようで、
心は静かに日常へと戻っていく。

16:30 クアラルンプール→25:00 羽田

羽田空港に到着する最後の1機。
重たい身体を引きずるようにして、
到着ゲートを歩いた。
寒い、、、
そう、リアルワールドは冬だった。

 

始発まで3時間。
深夜の空港は、次の旅人を静かに待っていた。
横になれるベンチを見つけ、荷物を降ろす。
大きく息を吐く。

ただいま。

数時間後に迫った仕事に憂鬱になりながら
身体を横たえた。

次はどこへ行こうか?

夢から覚めても、
また次の夢を見る。
終わらない夏休みに憧れるように
ずっと、
夏色の世界を追いかけたくなる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です