ナツタビ’13(モンゴル編)#1 スロースターター

 

モンゴルのトッピングに選んだのは「ロシア」。
ピリッとした刺激が旅にアクセントをくれる。

急遽、休みを申請し、手に入れた9連休。
お陰でここ2週間は倍速で仕事をこなし、
戦場を駆け抜けるような気分だった…。

お盆真っ只中にも関わらず、
比較的安く取れたチケットがモンゴル行きだった。

さっそく世界地図を広げ、位置を確認。
首都ウランバートルから北へ指をなぞると
バイカル湖にぶつかった。

うーん、ロシアか!?

一人旅だし、久々のバックパッカーだし、
冒険要素はほしいところ。
国数も稼ぎたいので、
モンゴルからバスと列車を乗り継いで
ロシアを目指すことにした。

そうと決まればビザ。
基本的にロシアの自由旅行は認められていないようで、
ビザを申請するには旅行会社のバウチャーが必要だった。
でもネットで調べてみると、
1000円程でバウチャーを発行してくれるサイトを発見。
海外のサイトだったのでやや不安だったが、
必要事項を埋め、カード決済すると
無事にバウチャーをダウンロードできた。

さらにロシア大使館のサイトで申請用紙を作成し、
この2つを持ってロシア大使館へ。
大使館は人でごったがえしていて、
結局1時間待ってあきらめた。

翌日、今度は開館1時間前から並び、
ようやく窓口に。
流暢な日本語を話すロシア人に
申請書とパスポートを渡すと、
すんなりと受理してもらえた。

よかった。

そして待つこと2週間、ロシアビザを取得。
しかも無料だった!

というわけで、今から旅立ち。
昨夜は仕事が終わらず、
準備もしてなかったため、
2時間しか眠れなかった。

5時に目覚まし起き、
バックパックを担いで羽田空港へ。
幸い今日は韓国で一泊なので、
(このプランのエアチケットだと、3万円も安かった)
睡眠不足でも問題無し。
観光する予定もないから宿で旅の予定を立てよう。

その宿すら決めてないけどねw

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です