ハルタビ’17(バルト3国編) #2 ピエロ

 

深く眠っていたのか、 スッキリと目が覚め、
時計に目をやるとまだ5時だった。
ここは中国の広州、白雲空港の近くにある
名も知らない町にいる。

あまりにも気持ちがいいので
ベッドを抜け出すとそのまま朝の散歩へと出かけた。
町はすっかり動き出していて、屋台からは
もくもくと湯気が立ち上っている。
まったくアジアの町はいつ眠っているのやら。

あてもなく町をぶらぶらした後、
ホテルの朝食をキャンセルし、
蒸籠が積まれた食堂に入った。

 

英語はまったく通じないので、
指差しで粥と包子を注文する。
残念ながらあまり美味しくはなかったが、
旅先らしいローカルな雰囲気に満足。

 

 

8時のシャトルで空港に送ってもらい、
長い長いフライトのはじまり。

 

 

CZ355 11:40広州→13:35武漢
15:15武漢→19:15モスクワ(ロシア)

あわせて12時間、
狭い機内でひたすら映画を観て過ごした。

 

 

明日も早朝のフライトが待っているので、
本当は眠っておくべきだったのだけど、
始まったばかりの旅にワクワクしているためか
まったく眠くなかった。

3回の機内食を食べ、
本1冊と映画3本を観終わる頃、
機体はゆっくりと茜色の街に降下していった。

19:00、モスクワの
シェレメチェボ国際空港に到着。

明日も午前2時には空港に向かわなければならないので
急いでホテルに向かい、4時間ほどの眠りについた。
出発してから2日、まだ目的地には着かない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です