ハルタビ’15(インドネシア編) #6 足音 〜Be Strong

 

午前3時起床、
旅先の朝はすこぶる早い。
午前4時に朝食を摂り、
小雨と夜の帷の中、バンドゥン駅に向かった。

 

5:00バンドゥン→8:04ジャカルタ
(1等車/1200円)

 

 

うたた寝してるうちに首都ジャカルタに着いた。
街には高層ビルが建ち並び、
インドネシアのイメージが大きく崩れる。
そう、アジアはどこも著しく発展している。

 

初めてのジャカルタ、
そして、ハルタビの終着駅。

 

宿に荷物を置き、最後の観光に出かける。
さて、どこに行こうか?
このハルタビはネパールを予定していたこともあり、
とにかくすべてが出たとこ勝負。
移動も宿も現地調達。
短期の旅ではなんとも命とりなやり方だが仕方ない。
『地球の歩き方』を持ってきてよかった♫

動物園に行ってコモド大トカゲを見ようかとも考えたが、
コタ地区に向かい、オランダ植民地時代の名残眺め、
コロニアルな景色を楽しむことにした。

 

そこからさらに足を延ばし、
スンダ・クラパ湾の近くにある、
小さな集落に迷い込んだ。
やっぱりこれが旅の醍醐味。
スラムのような雰囲気で、
トタンでできたような家が密集。
どこも大家族で、子供たちで溢れていた。


 

ハロー、笑顔の子供たち。
彼らにカメラを向けると、大人たちも笑顔で
その様子を見ていた。
迷路のような路地を行き、
どっちだろう?と首をキョロキョロしていると、
こっちだよ!と手招きし、
先導してくれる優しい人々。
日本が忘れた。古き良き時代が
ここには息づいている。

小さな小屋に入り、
慣れた手つきでおかずを指さす。
はい、今日もナシチャンプル!
ナスと魚、そしてゆで玉子を混ぜて食べた。
うまい!これで100円。

楽しい時間も束の間、
こうやって何気ない日常に溶け込みながら
旅の終わりを迎えた。

 

最後はショッピングでしめるつもりだったが、
思わぬ計算ちがい…。
ジャカルタのお土産店が見つけられず、
見つけたのはデパートのハンドクラフトのみ。
値段も、いままでより3〜5倍高い!
しまった、先に買っておけば良かった…。

残念ながら今回は
バックパックをスカスカで帰国しますか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です