ナツタビ’15(香港編)#2 FACE

 

寝返りも打てないほど狭いベッド、
効きすぎたエアコン、
気怠い香港の朝を迎えた。

午前6時、まだ眠い。

 

チャイナフェリーターミナルまで歩き、
お目当のチケットを買おうとするも
残念ながら売り切れ。
すぐ横にダフ屋のおばちゃんがいて、
定価の1.3倍程の値段を提示されたが
丁重にお断りした。
2便遅い9時30分のチケットを買い、
朝粥を食べながら時間を潰した。
あ〜ぁ、せっかく早起きしたのに…。

フェリーに揺られること1時間、
新しい国に着いた。

76ヶ国目、
澳門(マカオ)!

いいんです、入国審査があるし、
国としてカウントします。

マカオで1泊しようかとも考えたが、
宿が高過ぎて断念。
小さな国だし、
サクッと日帰りすることに。
カジノにも興味ないしね笑

 

 

コロニアルな街並みには
世界遺産が目白押し!
全部は見切れないので主要な場所だけチェックし、
あとは当てもなくふらふらすることに。

セナド広場は圧巻の美しさだったが、
人で溢れかえっていて情緒に欠けた。
一番良かったのは、
急坂を登り切った先にある西望洋山だった。
街を見下ろしながら、
吹き出す汗を、涼しい風が拭ってくれた。

 

お約束のエッグタルトを食べ、
行列ができていた牛肉麺を啜り、
聖ポール天主堂跡の近くで見つけた
スタバでタンブラーを買ったところで
短いマカオの旅は幕を閉じた。

 

ポルトガル統治時代の美しい街並みは
マラッカによく似ていて懐かしかった。
もっと物価が安くて、穏やかな季節なら
長居をしたかったが、
この街(国)もこれでお腹いっぱい。

 

再び香港に戻り、火鍋を食べに出かけた。
円安の煽りを受けて
物価は日本以上だ。
目から火が出るほどの辛さに驚き、
え、5000円!という会計にも驚かされた。

そう、円安のせいで去年と比べて
1.6倍の物価になっているから…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です