フユタビ’13(モロッコ編)#5 赤土の城塞

午前6時、
今日もアザーンで目を覚ます。

迷路のようなメディナ、
夜毎祭りのようなフナ広場、
喧騒と静寂が混在するマラケシュ。

早速、マラケシュ観光をしたいところだが、
今日はこの旅のハイライトとも言うべき、
アイトベンハッドゥに向かった。

南部モロッコには、クサールと呼ばれる
要塞化された村があり、
アイトベンハッドゥはその1つ。
映画のロケ地としても度々登場するほど、
美しい世界遺産である。

マラケシュからアトラス山脈を越えると、
砂と土の世界が広がった。
こんな乾いた大地で、
いったいどうやって暮らしているのだろうか…。

自力では行きづらい場所なので、
昨夜のうちにマラケシュでツアーを組んだ。
1人2800円。
安心を得るかわりに刺激が減るが、
短期旅行ではいたしかたない。

アトラス越えでひどくバスに酔いながらも、
視界に捉えたアイトベンハッドゥは、
一気にテンションを上げてくれた。

 

ずっと憧れている国がマリで、
ドゴン集落やジェンネの泥のモスクを見てみたいと思っていた。
アイトベンハッドゥは、それらによく似ている。
赤土の世界にまだ見ぬマリを重ねた。

クサールの頂上まで歩き、大きく伸びをする。
目標達成の瞬間、喜びと同時に寂しさが入り混じる。

もう二度と来ない場所かもしれない。
だからシャッターを何枚も切り、
いやというほど、この瞬間を刻んでおいた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です