一隆 本店(仙台)

釜石出張の旅ごはん、その2。
釜石からの帰り道、
あまりに移動が長いので仙台で途中下車。
牛タンを食べようじゃないか。

いつも発祥店ばかり行っていたので
今回は違う店を探すことにした。
見つけたのは、

一隆 本店

創業四十数年で、こちらの店主は、
牛タン生みの親と言われている
佐野啓四郎氏(太助初代店主)の第一期の直弟子として修行を積み、
その後1973年に独立して「一隆」を開業されたそうだ。
牛たんの仕込みから焼き上げまで
昔ながらの「手作り」にこだわり続けている。

暖簾をくぐると、
15席ほどのこじんまりとした空間。
カウンターに通され、目の前では
香ばしく牛タンが焼かれていた。

メニューは牛タン焼き、味噌カツ、ミックスの3種類。
専門店という感じで潔い。

迷わず『牛たん焼き定食(1400円)』をオーダー。
決して安くはないが、他店と比べるとかなりリーズナブル。

程なくが牛タン焼き、麦飯、テールスープが運ばれてきた。
漬物は白菜漬けと南蛮みそ漬けがひとかけ。
牛タンは重ねられていて、8切れも!

焼肉店で食べる牛タンとは全くの別物で、
この弾力と味わいは何度食べても衝撃的だ。
テールスープにも、よく煮込まれたテール肉がゴロンと2つ入っていた。

ピリ辛の南蛮漬けでアクセントをつけながら、
完食するまで感動が終わらないこの一食。

わざわざ新幹線を途中下車し、
15分以上歩いて食べに行く価値はある!
ついでにずんだ餅でも買って帰るとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です